日経225 午後からのシステムトレード

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  トレードを考える
tag : 
あなたはシステムトレードをやる時にまず何を基準に考えますか?勝率でしょうか、PFでしょうか、絶対利益額でしょうか、ドローダウンでしょうか??それではもし、勝率50%未満であるにもかかわらず、5年間で年平均+3000円という数字を見た場合と、勝率60%で年平均+2000円という数字を見た場合、どちらに妙味を感じますか?実際には、勝率50%以下ではそれだけのパフォーマンスは出ないですが、もしもの話で考えてみてください。

とても迷われるのではないかと思います。私も多分迷います。かたや、トレード一回あたりの利益が大きく、損失が小さい、かたやそれと比べると、ややフラットな傾向にあるということはわかります。この場合、どちらを選ぶのが正解というものはないと思います。人それぞれの考えがあっていいわけです。

たとえば、とにかく勝ちたい、勝つトレードが多い傾向のあるシステムがよい、と考えれば後者ですし、いやいや勝つ時が大きい傾向のあるほうが、夢も買えるしやりがいがあると考えれば前者ということになるかと思います。

裁量トレードでもそれは同じ事が言えて、寄り付きの動きのある時間帯が好きな人は、寄りから積極的に仕掛けますし、じっくりタイプは、時間の経過とともに現れて来るシグナルやサイン、ファンダメンタルズ等を考慮して仕掛けていきます。この場合も、どちらがよいとかいう問いには、答えようがありません。

トレードを続けて行くためには、まずトレードに身を置く自分を心地よい状態にしておかなければいけません。ポジションを取るだけでストレスになる、そんな手法ですと長くは続かないと思います。裁量がダメでもシステムなら心理的要因に邪魔をされないだろうと考えて、システムトレードをやるようになった方も多いかと思いますが、同じシステムトレードでも、そこにはやはり同じような心理的要因と戦わなければならない一面が確実に存在します。そこでそれらに負けてしまうと、今までの苦労や我慢が水の泡になります。

システムトレードの一番辛いところは、ダメだと思ってやめた時点で、何も残らないということだと思います。裁量ならば、テクニカル等勉強したこと、それを実践したことで、知識や経験値は残ります。ほとんど丸ごと残るはずです。しかし、システムトレードは、使えなくなった、続行不能になった、あきらめた時点で、自身で構築した人は除いて、誰にも何も残りません。反面お金は減っています。

何をどうするにしても、少なくとも自分の中で理にかなったもの、理にかなった手法でトレードをしないと、何も残らずに時間とお金がむなしく減っていってしまう、トレードは貧弱な意思の上では成り立ちません。ルールに黙って従うということは、言うは易し、行うが難しなのですから。

久々にこんなに長いタイピングをしましたら、さすがに疲れました。「意味わかんねー」などと言われても、訂正、加筆はもはやできませぬ。また明日も続きます。

よろしければこちらも是非お願いします。
人気ブログランキング
日経225先物
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物寄り引けシステム - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://goba225.blog5.fc2.com/tb.php/91-b3f74870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

goba225

Author:goba225
日経225での資産運用は「システムトレード」が最も適していると思います。数ある「システムトレード」の中で、午後に限定した「寄り引けシステム」での資産運用は珍しいかもしれません。なぜ後場だけなんでしょうか?理由はいくつかありますが、最大の理由は、その日の相場の質を重視しないことには、リスクが大きすぎるからです。午前の動きを見て、そこに現れた数字や現象から後場の動きを予測するのが、一番理にかなっているわけですね。そんなわけで、ここに「後場寄り引けシステム」の成績を公開して、一人でも多くの方に、説得力があり、安定した資産運用に最も適している「システムトレード」をご紹介できたらと考えています。

ブログ内検索

カテゴリー
リンク
投資行動における自己責任について

☆☆☆当ブログは、投資の勧誘や売買の指示等はいたしておりません、投資はご自分の判断でされるようお願いいたします。またブログに掲載されている情報を元に売買することで生じた損失等に対しては、一切の責任を負うものではありませんので予めご了承ください。 ☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。