日経225 午後からのシステムトレード

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  トレードを考える
tag : 
デイトレードは一日が終わった時点で、ノーポジションの状態になります。ノーポジション、つまり保有していないということは、利益も損失もその時点で無しとなります。トレードが心理的要因に左右されやすいという観点から考えると、いったんノーポジにするということは、長い間リスクにさらされないということから、精神的プレッシャーから開放されることになります。

トレードにおいてはポジションを取る事よりも、実はその後のマネージメントが難しいのです。含み益を持っている時はとにかく早く利益確定したくなりますので「利益は小さく」なります。一方含み損を持っていると、その損失を認めたくなくなり、さらに進むと損失に鈍感になります。さらにさらに進むと、どうでもよくなり無視するようになります。いわば塩漬け状態がこれにあたります。なぜ塩漬けが起きるかというと、人は都合の悪いことは忘れようとする習性があります。忘れることで、苦痛を軽減しているのです。これはトレードにおいてきわめて危険な状態なのですが、やがて損失が拡大し、退場を余儀なくされ、場合によってはすべての資産を失うことにもなります。

ノーポジションでは自分の今の状態が客観的にわかります。通常の精神状態でいられるからです。普通の精神状態で、ポジションはスタートラインになりますから、通常の判断やモチベーションを保てるのです。こうして、前場、後場、1日が終わった時点でいったんスタートに戻ることは、正常な判断を呼び、常に客観的に相場を見られることになるのです。

それらの観点から考えると、裁量トレード・システムトレードともに、デイトレードが一番リスクを限定でき、心理的優位性があることがお分かりになると思います。特にシステムトレードは、よいポジションを取った時でも、利益の限定という勝ちトレードにあるまじき行為から遠ざけてくれる利点があります。よって、裁量トレードで「利は大きく損は小さく」を実行できない人でも、システムトレードでは利益獲得の機会が見出せると考えられます。

<以下お知らせです>
詳細データの追加分を年度別損益の記事中に追加しておきました。さらにこの先の細かい数字に関しましては、参考になさる場合でも不必要と考えますので、これ以上の追加は一切ございません。以上でご参考になればと思います。また、システムトレードはロジックがすべてです。ロジック等に関しましても、お答えできませんので、あしからずご了承ください。

今日はここまでです。明日からまたよろしくお願いいたします。

よろしければ一押しお願いします
人気ブログランキング
日経225先物
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物寄り引けシステム - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://goba225.blog5.fc2.com/tb.php/67-57403786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

goba225

Author:goba225
日経225での資産運用は「システムトレード」が最も適していると思います。数ある「システムトレード」の中で、午後に限定した「寄り引けシステム」での資産運用は珍しいかもしれません。なぜ後場だけなんでしょうか?理由はいくつかありますが、最大の理由は、その日の相場の質を重視しないことには、リスクが大きすぎるからです。午前の動きを見て、そこに現れた数字や現象から後場の動きを予測するのが、一番理にかなっているわけですね。そんなわけで、ここに「後場寄り引けシステム」の成績を公開して、一人でも多くの方に、説得力があり、安定した資産運用に最も適している「システムトレード」をご紹介できたらと考えています。

ブログ内検索

カテゴリー
リンク
投資行動における自己責任について

☆☆☆当ブログは、投資の勧誘や売買の指示等はいたしておりません、投資はご自分の判断でされるようお願いいたします。またブログに掲載されている情報を元に売買することで生じた損失等に対しては、一切の責任を負うものではありませんので予めご了承ください。 ☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。